占いの基礎知識

タロット占いは当たるのか?【徹底検証】

タロット占いとは「タロット」と呼ばれるカードを使った占いの事です。

78枚のカードをシャッフルして引き、その引き当てたカードが何らかの意味を持っていてその意味を読み解くというのがタロット占いになります。

 

その起源は不明で、最古の記述が1392年となっていてその後から爆発的に普及した占術だそうです。

実は天使や悪魔等の精霊的な何かが伝えたものではないかと言われるほど起源は明らかになっておらず謎に包まれています。

 

タロット占いとはどんな占い?

78枚のタロットカードを使って占う

前述したとおり、タロット占いとは大アルカナ22枚と小アルカナ56枚の計78枚のカードを使用する占術です。

まずは占う内容を決めて、カードをすべてシャッフルします。山を3つに分けて「過去、現在、未来」だったり、占う内容によっては「自分、相手、相性」と占ってくれることもあります。

そしていよいよカードを引きます、この引いたカードの絵柄によってそれぞれの状態を読み解き解釈するのがタロット占いです。ただし、この占術は先生によっても違います。

カードの意味と位置を合わせた解釈で占う

カードには1枚1枚違う絵柄が描かれています。

その絵柄と引いた場所によって解釈が変わってきます。有名な「悪魔」や「死神」のカードを引いたとしても、占う内容や引いた場所によって解釈が変わるので、必ずしも悪いカードとは限りません。

タロットカードにおいて良いカードも悪いカードもないのです。「死神」のカードは名前は恐ろしいですが、そのカードは終わりとはじまり、転機、分岐点、変化等を意味しているのです。

 

タロット占いで相談するのに向いていること

恋愛や人間関係など近未来のこと

タロット占いは占いを行う自分自身だったり、質問者だったり、その場には居ない誰かも占うことができます。

そして、「過去、現在、未来」を占えますし、その内容は相性占いから運勢、何か選択を迫られた時にも占うことができます。つまりタロット占いで占えないことはほとんどないということでしょうか。

 

ただし、占い師によってはお断りされる内容もあるそうです。

入試の合否や人の生き死にそのほか病気やギャンブル、犯罪に関することは占ってもらえないそうです。

もちろん、入試など自分の努力を怠らない事が肝心です。占いの結果が良くて安心して勉強を怠ったら未来が変わってしまうかもしれませんからね。

 

タロット占い師の選び方

診断料金

占いは品物ではないので価格が均一化されているわけではありません。

先生個人が料金を設定できる為価格のバラつきは大きくあります。料金が高いから当たるのか、といってもそういう訳でもないでしょう。

どの業界でもぼったくり価格でサービスを提供する悪い人間はいますから。

料金については自分がこの先生に出せる金額はこれくらいという大まかな料金を確認しましょう。自分に合ったタロット占いを選んで自分の納得できる価格で占ってもらう

事がベストだと思います。ただ、先生選びをするにしてもある程度の料金目安がないと判断も難しくなるでしょう。

 

一般的に利用しやすい料金として20分の時間で2.000円~5.000円の料金で請け負ってくれる先生が多いみたいです。

自分なりに無理せず支払える額の所にタロット占いを楽しんで行くのが良いのではないでしょうか。

占い師のサイトを参考にする

多くの占い師は占いサイトや専用のホームページを開設していますので、そこをじっくり見て先生を選ぶのもいいでしょう。

特に有名な占いサイトはタロット占いの先生は沢山居ますので、自分に合った先生を見つけやすく評判も分かりやすく記載されているサイトは多いです。

タロット占いは当たるのか?【徹底検証】まとめ

タロット占いで大切なのはフィーリングと相性だそうです。

相談者自身も、直感でこの人に占ってもらいたいなと思った占い師の先生こそ、料金安価でも親身で話やすいでしょう。

良い結果や評判に釣られ無理をして高価な所へ赴くと、逆に悪い結果をもたらしてしまうかもしれません。

悩みごとで占いを受けるなら、周囲からの評判や金額も参考にするべきでしょうが、自分自身の直感を信じて見てはいかがでしょうか。