コラム

【40代】キャリア相談するにはどこがいい?体験談も紹介

転職を考える年代も様々であり、その中には40代の人もいると思います。

できればもっと早い段階から動くのが理想ですが、決して遅い年代ではなく十分にチャンスはあります。

その場合、就職活動をスムーズに行うためにも、キャリアコンサルティングなど、様々なものを利用することをオススメします。

 

40代で転職するメリット

40代で転職を決意する人もいますが、この年代にはそれなりのメリットもあります。

ですので、それを十分に活用してみましょう。

 

専門性や人脈を活かせる

40代で転職するメリットとしては、まず専門性や人脈などの点があります。

20代や30代と比べ、これまでに培ってきた経験があり、それら経験による専門性や人脈なども保有しています。

仕事では専門性や人脈は大切な要素であり、専門性や人脈を活かせるような会社であれば、本人の能力をフル稼働できるはずです。

 

管理能力を活かせる

「管理能力を活かせる」、これもメリットと言えます。

他の世代より経験を持っていますので、そのまま管理職としての仕事も可能であり、当然に管理能力も活かすことができるでしょう。

 

即戦力としてニーズが高い

40代はある程度の経験がありますので、そのまま即戦力として使えることが多いです。

他の若い年代よりも専門性や人脈に優れていることもあり、就職した場合に即戦力として活躍できる可能性を秘めているのです。

会社では様々な求人案内を出していますが、その中には即戦力としての求めている例も少なくありません。

即戦力となると、20代や30代の若い世代では難しい面がありますので、企業の採用担当者は、必然的にその上の世代へと目がいってしまうのです。

 

40代での転職相談ができる場所

40代で転職するとなると、当然のことながらある程度の努力も必要です。

以下のように様々な方法がありますので、その中から自分に合ったものを選択してみてください。

 

転職サイト・転職エージェント

まずは、転職サイトや転職エージェントです。

転職サイトや転職エージェントは無料で利用できるところもあり、それぞれの年代に合った仕事を提示してくれるところもあります。

特に転職エージェントでは専門のキャリアアドバイザーも在籍していますので、より効率的な就職活動が実現できます。

自分のキャリアの相談もできますので、まずは相談してみることをオススメします。

 

中高年向けハローワーク相談窓口

「中高年向けハローワーク相談窓口」、こちらもオススメの機関と言えます。

ハローワークの中には中高年向けのサービスもありますので、ここで自らのキャリアを相談してみるのもいいと思います。

 

転職経験がある知人・友人

40代で転職を目指すなと、これまで経験がある知人や友人に相談してみるのもひとつの方法と言えます。

友人や知人の中に職を変えて成功している人がいたら、就職活動の方法などを聞いてみるといいと思います。

もちろん、キャリアの相談もできます。

 

40代で転職をした人の実体験談

ここでは40代で転職した人の体験談を紹介しますので、これから就職活動をする人は参考にしてみてください。

 

1.年収や肩書きにあまりこだわらずに活動をした

私の就職活動についての体験談を紹介します。

私自身、45歳と年齢がいっていましたので、正直、とても焦っていました。

本当に希望する職に就けるのか不安もありましたが、今思うと、あの時、真剣に活動して良かったという思いでイッパイです

前の職場では課長という肩書きがありましたが、今回は年収や肩書きにあまりこだわらずに活動をしました。

それが良かったのだと思います。

 

2.業界の事前調査を入念にした

おかげさまで、希望する職場に入ることができました。

私の場合、事前に業界調査を入念にしたことが、成功に繋がったのだと思っています。

これから活動する方は、前もって自分が希望する業界を調査することをオススメします。

 

3.希望条件の絞り込みをしっかり行った

今回、希望する会社に入ることができましたが、条件の絞り込みなどをしっかり行ったのが良かったと思います。

就職するための条件はいくつかありましたが、それら全てを絞ることで活動しやすくなったようです。

もちろん、キャリアもしっかりアピールできました。

これからが正念場だと思いますので、就職した後もしっかり仕事をこなして行きたいです。

また、これから転職活躍する40代の方も十分にチャンスはありますので、諦めないで頑張ってください。

 

40代での転職を成功させよう!まとめ

40代での転職は何かと大変かもしれませんが、可能性は十分にあります。

ひとりひとり活動の方法は異なりますが、自分に合った手法を取るのが一番です。

また、面接の際は、これまでのキャリアをしっかりアピールするなど、ライバルに負けない意気込みも大切です。