占いの基礎知識

オーラソーマとは?占いは当たるのか?【徹底検証】

オーラソーマは近年になってから知られるようになった占い、カラーセラピーで色が深く関係しています。

色彩心理学?と考える人もいますが、これはさらに複雑で占星術やタロットといった古くから利用されてきた占いも組み込まれています。

古代から人の人生、歴史を大きく動かしてきた古の知恵、占いと人と色彩の関係が深い占いです。

 

オーラソーマの意味と、使い方をご紹介

オーラソーマは「Aura Soma」と書きます。

Auraは光、Somaは身体、存在、エネルギーといった意味です。

人の体から発生している見えない光、エネルギーを表している言葉といっていいでしょう。

2層の色のボトルを選びますが、これは自分そのものだといいます。

このセラピーはどういうことなのか、またどのように利用するものなのか理解すると、色が持つ不思議な力を感じられるようになるでしょう。

 

オーラソーマとは?

ボトルを選び実際に使う前に、どういうものなのか理解しておくべきです。

目的や意味を知ってから利用すれば、自分に役立つ占い・セラピーになります。

 

1983年にイギリス人ヴィッキー・ウォールが考案

イギリス人の薬剤師ヴィッキー・ウォールは夜の瞑想で「水を分けなさい」という啓示を3日間連続で受けます。

この啓示に導かれるようにカラーボトルを誕生させたのが1983年です。

現在このセラピーは世界に広まり、52か国で販売されています。

 

占いではなく、カラーテラピー

ヒーリングやセラピーは、現代の複雑な社会で生きる人たちにとって救い、サポートになっているといいます。

占いというよりもカラーセラピーとしてとらえることで、自分の生活や人生に役立てるものとなるはずです。

 

色が持っている力は洋服やお化粧などから感じたことがあると思います。

例えば赤い色の洋服を着ると何となく元気に、アクティブになるような気がしますし、黒一色の洋服を着ていると気持ちが落ち込むような気もします。

嬉しいことがある時、結婚式やお祝いの席ではカラフルな衣装を着ますが、葬儀などの悲しみの席では黒などの暗いカラーを選びます。

 

色が持っている意味、色を選ぶ意味を理解し、自分の色を知ることで自分、また周囲の人を癒やしヒーリングしていく、それがこのセラピーのシステムです。

 

色が持つ意味を「色彩の言語」として考える

色を利用したセラピーであるオーラソーマについて、色を使って行う占いと思う方もいます。

しかし全く違うもので、自分では気が付くことがない内面に気が付くなど、精神的なサポート要素が強いカラーセラピーです。

 

色を利用する占いは色に対してラッキー、アンラッキーを付けますが、このシステムでは自分でカラーボトルを選ぶことで心の声を捉える、<strong>色彩の言語</strong>を知ることなのです。

色そのものが持っているエネルギーや伝わってくる思いを受け取り、それを生活の中に活かしていきます。

 

100本以上カラーボトルから好きなボトルを4本選ぶ

100本以上というカラーボトルの中から直感で4本のボトルを選びます。

選び方はその人次第、この色がきれい、この組み合わせが好き、どんなイメージでもいいので「これ!」と思うカラーボトルを4本チョイスします。

 

オーラソーマの使い方

100本以上のボトルから4本のカラーボトルを選んだら、そのボトルは自分だけのものです。

カラーボトルを選び手にした瞬間からエネルギーの交換が開始されます。

 

自分のために利用する時には、4本をよく観察し4本のうち、「2番目」に選んだボトルから使います。

次に利用するのは3番目に選んだボトル、次は4番目に選んだもの、最後に1番に選んだボトルを利用しましょう。

 

使う時間ですが、自分が使いたいと思う時、力が欲しいなと思うときなど、好きなタイミングで利用できます。

リラックスしたい時でもいいし、集中したい時でもいい、この時もまた直感で利用します。

 

ボトル内にはオイルが入っているのでボトルを左手に持って

 

頭で考えず直感で選ぶ

ボトルを選ぶ時には、いろいろなことを考えず「きれいだな」と思ったり、「この色好き」と感じたり、人によっては導かれるように普段選ばないようなカラーのボトルを選ぶこともあります。

窓辺に置いたらきれいだなとか、自分のラッキーカラーがこの色だからなどと考えをもって選ぶのは間違いです。

惹かれるカラー、ふと触れたくなったボトル、自分の直感でチョイスします。

 

4本のボトルは自分の無意識や深層心理を表している

4本のボトルはそれぞれに意味を持ち、自分が知らない自分、無意識な自分を表します。

4本のボトルを選ぶ時、最初に選ぶボトルは「魂のボトル」自分の人生や目的、与えられた運命が表されています。

 

2本目は「ギフトのボトル」潜在的に持っている才能、それをどのように切り開くかを表しています。

3本目のボトルは「今ここのボトル」つまり現在の自分です。

目的に向かって潜在的な能力をどんな風に生かし生きているのか、それが表されています。

4本目は「未来のボトル」この先、自分が受け取る準備ができている自分の未来の可能性が表されています。

 

自分自身を見つめなおすことができる

カラーボトルの色が持つ意味を理解し、自分が今何を求めているのか理解できるようになると、この先していくべきことや今すべきことが明確になります。

迷いがなくなることはありませんが、迷いがあるとき、心が落ち着かないときにサポートしてくれる要素があることで、落ち着いて自分を見つめなおすことができるのです。

 

オーラソーマの意味と使い方とは?まとめ

誰しも自分に自信が持てなかったり、自分が嫌になったりすることがあります。

でもそれを否定するのではなく受け入れることができたら、前に進んでいくこともできるのです。

オーラソーマは自分の内面を感じさせてくれるカラーによって、前向きに自分の運命や目的を考えることにもつながります。

自分自身をケアできるシステムを持っていることで、自分の心をコントロールできるようになるでしょう。