コラム

【4歳】子育てお悩み相談まとめ

赤ちゃんは日に日に成長していて脳を発達させたり、心や身体の基礎がほぼ成形されるのが3歳頃までと言われています。

生まれてきたときはあんなに小さく弱々しかったのに気が付けば立派に自分の足で立って歩き、自分の意思で会話ができるようになっています。

4歳といえば自分で着替えをしたり、お箸を扱うことができるようになったり、自分で排泄ができるようになる頃です。人間関係も形成され、友達を作って遊んだり、他人を気遣うことができるようになります。

4歳とは意思疎通ができて盛んに体を動かし遊び回る時期ですから、お母さんお父さんの悩みも尽きないでしょう。

4歳の成長についてのお悩み相談

赤ちゃん返り・反抗期がつらい

よく弟や妹ができた子は赤ちゃん返りすると言いますが、実はほぼ全ての子が赤ちゃん返りするんです。

赤ちゃん返りの理由は「もっと自分に関心を持って欲しい」「もっと愛情を注いで欲しい」という欲求だと言われていますが、どんなに毎日遊んであげても本を読み聞かせてあげてもなるものはなります。

わがままを言ったり物を投げたり乱暴になって反抗期が始まったのかなと悩む事もあるでしょう、です赤ちゃん返りや反抗期は成長の証で、健全な発達過程です。

確かに大変の時期にはなりますが、あまり言うことをきいてくれなくて怒ってばかりではなく、成長を喜んで上げるべきでしょう。

 

言葉遣いが気になる

言葉を覚えて自分からおしゃべり出来るようになると、いろんな言葉に興味を持ち理由もわからなく「悪い言葉」を使ってしまうこともあるでしょう。

これは仕方ないことですが、汚い言葉を使った時にお母さんやお父さんのびっくりした反応が面白くて何度も繰り返してしまいます。

良くない言葉を使ったときはおまり大きなリアクションをせずに、さらっと流して対応すれば徐々に言わなくなるでしょう。

 

4歳の友達関係についてのお悩み相談

友達とうまく遊べない

大人が何もしてあげなくても仲良く遊んでいられるなら一番いいですが、自分から「仲間に入れて」と言える子も居れば「一緒に遊ぼう」と誘える子も居ます。

もちろんそれが出来ない子や、悪いことの区別ができなくてひどい言葉を返してしまう子もいます。

だからこそ子供同士のコミュニケーションは大人の助けが必要だと思います。きっと子供だけで仲良くしていられる事の方が希なのです。

 

公園の遊具を怖がる

何かを怖がるということは知恵がついてきた証とも言えるでしょう。

もし足を滑らせたら、落ちたら、怪我をしてしまうかもしれないと思っているという事です。体を動かすことに自信がないのかもしれません。

遊具を怖がるならかけっこをしたり、ぼーる遊びをしたり、違う遊びで体を動かして自信をつけてあげることが大切です。他の子はできるのに、と心配になる必要も全くありません。子供にはそれぞれ個性があって身体能力も発育の差だってあるんです。

 

4歳のしつけ・知育についてのお悩み相談

どんな習い事をさせれば良いか分からない

4歳になれば習い事の幅も増えてきます。

体を動かすことが好きだったり、音楽が好きだったり子供自身に好みが出てきます。親がこれをやらせたいと無理強いするよりも、いろんな体験をさせてあげて興味を持った事を習い事を通して更に深く経験させてあげることで、本人もより楽しく学ぶことが出来るでしょう。

 

幼稚園の選び方が分からない

幼稚園もそれぞれ方針があったりします。

たとえば音楽や絵画、読み書きなどの文化面に力を入れている園もあれば、英会話やお茶会、発表会など運動遊びで体力や体づくりを重視している園もあります。

このようにたくさんの特徴があるので園の運営の方針や考えをしっかり聞いてから選ぶ事をお勧めします。

4歳の育て方に悩んだ時の対処方法

幼稚園教諭・保育士に相談する

この年頃の子をたくさん見てきた保育士さんなら、ささいな悩みから反抗期の深刻な相談までしっかりと聞いてくれるはずです。

なにより、自分の見て居ない所ではまた違った様子だと教えてくれるかもしれません。4歳にもなれば子供も人知れず悩みを抱えていたりするものです。

もしかすると保育士さんに話をしてみることで、家ではわからなかった一面を知ると意外と悩みも解決できるかもしれません。

自治体の相談窓口に相談する

たとえば子供の反抗期に対して過度にイライラしてしまったり、手をあげてしまいそうになったり、そういった深刻な相談も自治体の窓口なら親身になって話を聞いてくれるでしょう。

日々の子育てに家事やパートに出かけていたらお母さんにだって心の負担は相当です。

 

【4歳】お悩み相談まとめ

この年頃になると子供の主張はどんどん増えてきます。それなのに感情のコントロールがうまく出来ない時期でもあります。

どんなに悪いことをした時もただ頭ごなしに叱って押さえつけても、それは子供のためとけしていえないでしょう。

子供はどんなに小さくても一人の意志を持った人格です。それを尊重して成長を見守る時期が、この頃なのではないでしょうか。