コラム

【40代仕事を辞めたい】相談するにはどこがいい?

近年日本は、40代の転職が増えている傾向にあるそうです。

高校、大学を卒業してから就職したとして、40代まで働いていれば職場でもベテランとして頼りにされ新人を育成したり出世したりと、働き盛りと言われる年齢になってきます。

しかし、それと比例して会社からの期待やプレッシャーは大きなものへとなっていくでしょう。

 

それに20代の頃とは違って体力的にも衰えてきますので、職種によっては自分の体力面の不安で身体に負担の掛からない仕事へと転職を考える人も多いそうです。

では、転職を考える人はどれくらい居て、転職を考えるきっかけは一体どんな事が挙げられるでしょうか。

 

40代で仕事をやめたい人はどれだけいるのか?

日本全体の離職率

日本の離職率を見てみると、離職率は年々減少の傾向にあります。しかし、その現状とは裏腹に40代の離職率は増加傾向とあります。どの年代を通しても一番離職が多いのは20代に

なっていますが、40代はその次に離職が多い年齢層になっています。

この年齢で仕事を辞めてしまうと、次の職を探す際は年齢が大きな壁となってしまいます。特別な施術や資格を有していないかぎり、求職を続けていても正社員として働くことが難しいのが現状でしょう。

40代で仕事をやめたくなる理由

職場の人間関係に疲れてしまう

40代にもなると職場からは頼りにされるのがほとんどでしょう。

実際には上司から容量以上の仕事を任されて毎日残業をしなければいけない状態に陥っていたり、任されたからにはどんなにやる気の感じられない部下や新人の指導もしなければなりません。

部下が仕事を覚えてくれない為に自分の仕事が減らないという悩みや、現場を知らない上司からの無茶ぶりで仕事を押し付けられたりという日々のストレス。

人間同士なので、どうしても性格が合わない同僚が居たりという精神的要因で離職を考える人はかなり多いでしょう。

 

若い頃と同じ結果が出せず賃金が減らされることも

人間関係が順調でも、体を酷使する仕事に体力の限界を感じている方も多いそうです。

60歳を過ぎても、工事現場でたくましく力仕事をするパワフルな方も沢山いらっしゃいますが全ての人がそういう訳にもいきません。

病気や怪我を患ってしまい、そういった仕事の前線で働けなくなってしまった場合賃金が大幅に減らされる事も珍しくありません。

 

また、正社員として雇用されていても、就職した当時から殆ど給料がほとんど変わっておらず仕事にこれ以上やる気を見い出せないという人も 多いそうです。

どれだけ仕事をがんばって評価されたとしても、結果が報酬としてついて来ないならば仕事のモチベーションも上がりません。

 

辞める前に誰かに相談してみる

会社の同僚や上司

仕事を辞めたい原因が人間関係だった場合、近しい同僚や信頼できる上司に相談してみるのもひとつの方法でしょう。

特に職場の人間関係などは家族には話しづらく、自宅で仕事の愚痴を聞きたくない話したくないという人も少なからずいるでしょう。

なにより、家族へ心配をかけたくないという想いから、どんなに悩んでいても家では普段通り過ごしてしまう人もいるでしょう。

そういう場合はやはり内情などを理解している会社の人間が相談しやすいのではないでしょうか。

辞めたいと伝えるのではなく、こういった事が嫌だ、改善できないだろうか。という具体的な解決策を一緒に考えてくれる相手だと言えます。

 

相談に乗ってくれる第三者

家族にも職場の人間にも相談できる状況でない場合、第三者に相談するべきでしょう。

親身になって話を聞いてくれる友人が居なければ仕事の悩みを聞いてくれるフリーコールも沢山ありますし、第三者だからこそ悩みを打ち明けやすいという利点もあります。

話をするだけで沈んでいた気持ちが落ち着いたり、少し前向きになることもできるでしょう。

 

仕事を辞めたいと思ったら一人で悩まない

一度辞めたいと思ってしまったら職場へ赴くのも億劫と感じてしまうでしょう。そんな時に一人で悩みを抱え込んでいても現状はなにも変わりません。

仕事の悩みは誰かに相談したからといって解決できる問題でもないでしょうが、一人で悩んで苦しんでいるよりは誰かに話すだけで気持ちが軽くなったりするものです。

落ち込んだ気持ちのままで居る事が悩みの種を更に悪い状況へと運んでいくこともあります。

勢いで仕事を辞めてしまっては、家族や自分を不幸にしてしまいます。一人で悩まず誰かに相談してみましょう。